老人ホームに入る頃には寝たきり状態

介護

私の父は、60代で認知症になりました。
定年後3年した頃からだんだんと物忘れがひどくなり、お酒も毎日飲むようになりました。
お酒を止めることができずに、脳梗塞で倒れ入院してからますます症状が進行しました。

退院してからは、ほぼ寝たきりになってしまい、食事や風呂も一人でできなくなりました。
同じ時期に、母も乳ガンになってしまい、どうにもならなくなり、父を介護施設で預かってもらうことにしました。
ショートステイを繰り返しながら特別養護老人ホームの空きを3年程待ちました。
入所が決まってすぐに母が亡くなりました。

老人ホームに入る頃には寝たきり状態ではなくなり、落ち着いた生活が送れるようになりました。
しかし、一度施設から出ていなくなってしまうことがありました。
幸い遠くまで歩けなかったのか近くに座り込んでいるところで見つかりました。

父が老人ホームに入るようになった後、私は、仕事をするようになりましたが、熱が出たりしたら、きてくださいと呼ばれ、仕事を終えて夜遅くに父の所へよく行きました。
最後は老人専門の病院へ入院し、そこで亡くなりました。

水素水で二日酔い対策

水素水サラスバ

水素水サラスバを飲むようになってから、二日酔いがあまり感じなくなりました。
こちらの商品を飲む前はよく二日酔いになっていました。
私はもともとお酒には強い体質ではありません。

しかし、仕事のお付き合いなどが多く、どうしてもお酒を飲む機会が増えてしまいます。
断れば良いのですが、私もついついお酒は強くはないのですが、嫌いではないので飲んでしまいます。
少量にしておけば良いのですが、ついつい量も増えてしまいます。

そうすると次の日の二日酔いはかなり辛いです。
しかしこの水素水を飲むようになってからは二日酔いになりにくい体になったような気がします。
どのような理由で二日酔いがなくなったのかはよくわかりませんが、トイレに行く回数が増えたというのは感じます。

お酒を飲んだ後にこの水素水を飲むとアルコール成分が尿としてたくさん排出されている感じがします。
お酒を飲んでいる時以外でもこの水素水は飲んでいるのですが、お酒を飲んでいるときに飲むと、二日酔いの予防効果はさらに強いような感じがします。

私が実際に試しているのは、お酒を飲んだ後に水素水を1本必ず飲むようにしています。
そうすると寝るまでの間に何度かトイレに行きます。

それが良いのかどうかはあまりよくわかりませんが、確かに二日酔いの症状は飲む前と比べるとかなり軽くなったのは自分でわかります。
なので、当分の間はこの水素水は私にとっては欠かせないアイテムになりそうです。