にんにく卵黄で元気パワーを保っています

にんにくは世界中で愛用されている健康食材です。
元気の源・パワーの源、またスタミナの源と知られるにんにくは、日本だけでなく世界中で健康食品として活用されているにんにくですが、その歴史は古く、何千年も前から人類に愛用されてきました。

紀元前3200年代から、古代エジプトで栽培され、ピラミッド建設に従事した労働者のスタミナ源と用いられたと言われています。
また、日本では「源氏物語」に元気素材として登場しています。

江戸時代の百科事典「和漢三才図会」でも、身体によいと紹介されています。
にんにくには健康パワーの素として「アリシン・アルギニン・ビタミンB6・カリウム・ゲルマニウム」等の成分が含まれています。

しかし、にんにくを毎日食べ続けるのは難しいし、女性ならにんにくのニオイでもある「アリシン」が気になって、なかなか積極的には摂れないのが現状のようです!
そんな時は、やはりサプリメントに頼った方が良いでしょう。

にんにくのにおい成分は、カプセルに詰めこまれているのでニオイは全く気になりません。
私は毎日、にんにく卵黄で元気パワーを保っています。